Presentations at JSD and AASD meeting


62回日本糖尿病学会年次学術集会(シンポジウム14 膵島細胞の可塑性と糖尿病における意義)と第11回アジア糖尿病学会に、1演題ずつ研究成果の発表を行いました。夜の部では徐々に、「成田にできました新しい医学部の・・・」と説明を加えなくても、所属を理解して頂けるようになってきているように感じます。来年は、より多くの演題を出したいと思います。


We presented data at the 62nd annual meeting of the Japan Diabetes Society (symposium14: islet cell plasticity and it’s significance in diabetes) and the 11th scientific meeting of the Asian Association for the Study of Diabetes. More doctors may be able to understand IUHW without explanation such as “newly established school of medicine in Narita...”. We would like to have more presentations next year.

39回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示